30代後半からの転職は大変です

39歳の時に違う世界が見てみたくなり

 

思い切って退職し、就職活動を行ったのですが

 

その時の体験談を書いてみたいと思います。

 

 

 

とりあえずハローワークに登録し

 

その他色々な転職サイトにも登録し

 

就職活動を行ったのですが

 

この不景気のなか新しい職に就こうと思っても

 

未経験者募集の求人はほとんどが20代くらいの若者をターゲットにしているようで

 

応募しても年齢を伝えた段階でお断りされるのがほとんどでした。

 

 

 

小さな会社でも書類選考で落とされ、なかなか面接にまで進む事も出来ず

 

本当に就職活動では苦労しました。

 

 

 

たまに面接にまでこぎつけたかと思うと

 

面接内容などはそっちのけで

 

いきなり「いつから働ける?」等と言われる事もあり

 

調べてみると、このように電話での合否連絡ではなく

 

その場で無条件で採用のような会社は

 

万年人不足で、しかも労働条件が悪く

 

離職率がものすごく高いと言う

 

いわゆるブラック企業がものすごく多かったです。

 

 

 

その因果関係に気付いてからは

 

即採用と言った会社の場合はその場では結論を出さず

 

一度帰って、じっくり調べてからこちらからお断りすると言うケースばかりでした。

 

 

 

その後なんとか職にはありつけたのですが

 

条件も悪く、待遇も悪く、生活も苦しく、ほぼ失敗の転職だったと思っています。

 

 

 

このような経験から

 

今現在転職を考えている方に言える事ですが

 

新たな天地を求めて転職を考えているならば

 

20代の方でしたらばガンガン転職すればいいと思います。

 

30代前半の方ならば身につけたスキルが役に立つ職への転職をお勧めします。

 

30代後半以降の方には残念ながらもう少し好景気になるまでは

 

転職は一切考えない方が良いです。

 

自分がどんだけ立派なスキルを持っていたとしても

 

年齢ではじかれてしまう事が多いです。

 

今回の転職でまじまじと感じた事実です。

 


このページの先頭へ戻る